投稿

マルチーズの英語教師

イメージ
マルタ留学記事、その3です。自分の英語学習について振り返りたく、ブログを書き始めましたが、なかなか辿り着かない。今回は、先生について。

二人の先生に、「どうして英語教師になろうと思ったんですか」って初日に聞いてみました。

まず、グループレッスンの先生、A先生について。60代、英語教師になる前は、銀行員だったそうです。銀行員として、トロントにも駐在していたそう。銀行を定年退職して、たまたま英語講師になるための講座を受講(養成講座のようなもの?)したとのこと。リタイアした後も、ビジネスでの自分の経験を活かせるということで、現在は、ビジネス英語のクラスのみを担当しているそうです。

授業はテキスト中心でした。ちなみに使用テキストは、Macmillanの"In Company 2.0 Upper Intermediate"(CEFR B2-C1) 第2版を使っていましたが、現在は、第3版が出ている模様です。

授業の進め方は、テキストを頭から読んで、ディスカッションして、リスニング問題聴いて、問題解いて・・・という、ある意味慣れ親しんだスタイル。教師の主な役割は、正誤を答えること、わからない単語の意味を英語で説明すること、と考えているようでした。4技能の大切さをよく説いていました。

A先生に対する1週間目の私の印象は、「経験豊富な語学教師というよりも、ビジネスマンだなぁ」でした。大きな不満はなかったものの、「この先生に習ったら、魔法のように英語が上達する!」という感じではありませんでした。

が、ですね、2週間目に「ビジネスマン」という印象が変わりました。授業の中で、宗教の話になったときに、「私はカトリック教徒ではないのですが…」と言ったところ、A先生、「何の宗教を信仰しているかというのは、関係ないですよ。大事なのは、良い人間でいること」と。

それから、最終日のことです。「アミコのために、読み物を用意してきました」と。それは、"Women breaking the glass ceiling"という新聞記事でした。女性を応援する内容が書かれていて、あぁ、日本で働き続けるのが簡単ではない、って私が言ったことを覚えていて、励ます記事を探してきてくれたんだ、と胸がじーんとしました。クラスメートのC君もにこにこしながら、一緒に記事を読んでくれまし…

ロックンロールなクラスメート

イメージ
マルタ留学記事その2です。明日から大学院の授業が本格化しそうなので…今日書けるところまで書きます。

今回は、先生とクラスメートについて。

と、その前に、ここでマルタ情報を少々。マルタ共和国は、イタリアのシチリア島の下にある小さな島国です。面積は淡路島の半分程度、人口は約43万人(2015年、外務省情報)で、公用語はマルタ語と英語、国民の90%以上がカトリック教徒とのこと。













地理的に近いこともあり、語学学校にはイタリア人、トルコ人の学生が多くいました。他にもスペイン、オランダ、フランス、スイス、ドイツ、オーストリア等のヨーロッパ諸国、それから、ヨーロッパ諸国に比べると割合は低いものの、韓国、日本の学生もよく見ました。

午前中のグループレッスンは男性の先生(以下、A先生)、午後のプライベートレッスンは女性の先生(以下、B先生)で、二人ともマルタ人(Maltese)でした。

グループレッスンは、なんとクラスメートは一人だけ。すでに半年滞在しているというトルコ人、28歳の男性Cさん。2週間の滞在中、ずっと同じ先生、クラスメートでした。

Cさん、なんでもお父さんが多国籍企業の社長だそうで、お父さんに命じられて英語を勉強してるとのこと。私の滞在中に、彼はさらに2か月滞在を延長することが決定していました。

このCさん、B先生いわく、「見た目がロックンロール、でもとても良い人」

ウェーブした長い髪、長いひげ、革ジャン。私の彼への第一印象は、「ミュージカルのジーザスクライスト・スーパースターのジーザスみたいだな・・・」でした。が、実際に話してみると、笑顔の可愛らしい好青年でした。本人は、「自分は10%トルコ人」だそう。何をもって10%なのかは分からないけれども、授業は仕事の都合(と言っていた)でよく休むものの、いざ授業に来ると、とても熱心でした。

ちょっと話がずれますが、Cさんに関して、こんなことがありました。英語がA1レベル(と思われる)の50代の東欧から来たおばちゃんと、学校のカフェテリアでランチをしていた時のこと。おばちゃんが急にジェスチャーで、「外を見て!」と。なになに?と思ったら、”He is gorgeous!"と。そのおばちゃん、"How old are you?"もジェスチャーで言うぐらいなのですが、「はて、ゴージャスとは」と思って外を…

なぜマルタ?留学先の決め手

イメージ
さっそくですが、今回はマルタ語学留学について書きます。

さて、なんでマルタ留学?と周りの方からは聞かれたので、まずは何故マルタ留学することにしたのか、ということから。

仕事を辞めると決めてから、まとまった休みを取れる機会なんてそうそうない、どこかで観光もしつつ有意義に過ごしたいなぁと考えていました。語学留学したら、観光だけよりも有意義に過ごせるかも!それに、外国語学習者としての目線も大学院進学の上で役に立つかも!(後付けの理由ですが)と思い、語学留学することに。

留学先ですが、「短期 英語 留学」で検索すると、「マルタ留学」がたくさんヒットします。そういえばFacebookでも、マルタに短期留学したという知人の投稿を見たなぁと思い、インターネットで調べてみたところ、マルタは、
・比較的日本人が少ない
・英語が公用語で英語教育のレベルも高い
・治安が良い
・風光明媚で観光場所もたくさん
ということを知り、マルタに決定。

学校は、旅行会社に見積もり依頼をし、旅行会社がオススメしてくれた中から、
・特に日本人が少ない
・ビジネス英語のクラスがある
・学校の施設、建物がきれい(ここは特にこだわってなかったけれど)
・学生寮が授業が行われる建物と同じところにある、立地が良い
そして何よりも、
・クラス分けがCEFRで記載してある
という学校に決めました。旅行会社の見積もりよりも、自分で直接申し込むほうが安かったので(※)学校のWEBサイトから申し込みました。ご参考までに、学校のWEBサイトはこちら

※場合によっては、旅行会社のパッケージで予約したほうが安いこともあると思います。私は申し込みがけっこうぎりぎりだったので、パッケージは使えず、個人手配にしました。














後日、マルタ留学の比較サイトを見てみたら、比較的学費・滞在費が高い学校だったみたいです。確かにお金は当初見込んでいた予算の倍ぐらいかかりました。

申し込んだコースは、"Business English Intensive"というコース。
午前中はグループレッスン(週20コマ、週15時間)、午後はプライベートレッスン(週10コマ、週7.5時間)。なお、グループレッスンは、最大6名までで、学生が2名以下の場合は、授業時間が削減されます。

他の学校の授業を受けたわけではないので、他の学校との比較は出来ないの…

近況報告 - 2017年 春 -

イメージ
最後の投稿が2015年9月。1年半経ってしまいました。1年半務めた職場を3月いっぱいで退職し、4月から大学院生になりました。

経験豊富な凄い方々に囲まれ、日々学ぶことが多い職場だったのですが、仕事をしていると、自分の知識不足、経験不足を痛感することが多々ありました。これからも日本語教育業界に関わっていくには、勉強しないといけないと思い、進学することにしました。

大学院入試の時に研究計画を提出したものの、いまだ研究テーマは定まっていません。
1学期の間に方向性だけでも決めたいです。

これからはブログで、大学院のこと、研究のこと、息抜きのことなどなどまた書き散らしていけたらなぁと思っています。

それから、大学院生活に突入する前に、2週間ほどマルタに英語の短期語学留学に行ってきました。久しぶりに学習者の立場になって様々に感じることがありました。大学院の授業が本格的に始まる前に書けるだけ書くつもりです。


久しぶりのブログが文字だけというのも何だか寂しい感じがするので、桜の写真でも。今年はお花見できる機会が多かったので、春なんだなぁとしみじみと感じたり。
4月になると、3月31日までの私と何か変わったわけではないのに、新しい自分になったような気分がするのはいいものだなぁ。

2015年やりたいこと100のリスト 進捗状況

「ブログ辞めたの?」と何度言われたことでしょう。 それもそのはず。5月の誕生日で止まってましたね。
6月30日に帰国しました。 長い夏休みに何をしていたかと言うと、元派遣先のアメリカの高校の修学旅行の 引率で、京都、奈良、東京観光したり。 家族旅行したり、秩父でお遍路さんしたり、友人を訪ねて静岡に行ったり。
日本語教育関連では、帰国後、以下3つのシンポジウムに参加しました。  1. 日本語学校教育研究大会  2. 文化庁日本語教育大会  3. 授業を見て考える -地域の日本語教室をテーマに それぞれ学ぶところはあったのですが、消化不良気味。 こういうことこそ、ブログに書かないと忘れちゃってダメだなぁ。
それから、ちょこっと就活したり。 ありがたいことに仕事も決まりました。 教える仕事ではないのですが、日本語教育どっぷりでいきます。 勉強することがたっぷりあって、楽しみです。
長い前置きはこのぐらいで。 さて、今回は何をメインに書こうかなぁと思ったのですが、 2015年もとっくに半分過ぎてしまったので、 「2015年やりたいこと100のリスト」の達成度をチェックしてみます。
・アメリカ編: 40% (23/58) ・健康、体: 30% (3/10) ・日本編:  19% (6/32)
あらまぁ。アメリカ編、リストの半分以下しかやらなかったのですね・・・。
ちなみに、「人生が終わるまでにやりたいことのリスト」を英語で、 "Bucket list"と言うそうです。今回のリストは、「2015年に」であって、 「人生の終わりまでに」ではないのですが、来年はBucket listも作ってみようかなぁなんて、 まだ2015年も残ってるのに考えたりしてます。
以下、100のリストです。長いのでたたみます。

人生を振り返りつつ

イメージ
昨日、33回目の誕生日を迎えました。本当に本当に皆様、いつもいつもありがとうございます。今の私があるのも、周りの方々のお陰です。

と書きながら。ブログにこうやって書いてるのって、口だけっぽく、空々しくも聞こえるなぁと思いました。今年はもっと直接感謝の気持ちを伝えたいです。

さて。誕生日を迎えて、これまでの人生を振り返ってみました。
フェースブックに人生の振り返りを長々書くのも何だしなぁと思い、久々に(このブログに久々じゃない時なんてあるのかしら)こちらに思いつくままに書いてみます。

アメリカ人の13の価値観

アメリカ生活も折り返し地点をとうに過ぎて、残り4ヶ月ちょっとになりました。

1年半暮らして、何か問題にぶち当たった時に、(これだからアメリカ人は~!)って思ってしまうことがあります。ですが、1年半でアメリカのなんたるかなんて分かるわけがありません。それに自分のごく限られた経験を、「アメリカ人」「アメリカ」によるもの、などと一般化して良いものだとも思いません。

だけど、(これってアメリカによくあることなの?なんだか日本と違うなぁ)と不思議に感じることが多いのも事実。そんな時、Lighthouseというフリーペーパーを読んでいたら、そんな疑問に答えてくれる記事を見つけました。

題して、
「アメリカ人の13の価値観 (The Values Americans Live By)」

ワシントン・インターナショナル・センターのロバート・コール氏が1984年に発表したものです。
30年ほど前のものですが、「なるほど!」と思うことが多かったので、ここに項目だけ書きます。
(もしご興味があったら、詳しくはリンク先をご覧くださいな。)
Personal Control Over the EnvironmentChangeTime and its ControlEquality/EgalitarianismIndividualism and PrivacySelf-Help ConceptCompetition and Free EnterpriseFuture OrientationAction/Work OrientationInformalityDirectness, Openness, and HonestyPracticality and EfficiencyMaterialism/Acquisitions なかには、ん?そうかな?って思ってしまう項目(3の時間に対する考え方とか)もありましたが、2,6は私も見習いたいところです。