投稿

9月, 2013の投稿を表示しています

びっくり異文化体験

イメージ
強烈な異文化体験をしました。こちらに来てから一番ショッキングな体験だったかも!

今週はHomecoming Weekでした。
始まる前は、(Homecomingって?一体何をするの?)と思っていたのですが、Homecomingというのは、「卒業生を母校に迎えて、ダンスパーティーやスポーツの試合などの各種イベントを楽しむ」ことで、今週は毎日、「パジャマの日」「スクールカラーの日」などテーマを決めて、多くの生徒がテーマに沿った洋服を着て登校していました。パジャマの日には、大きなぬいぐるみを抱えてくる子などもいて、びっくり!
で、生徒の服装以上にびっくりしたのが、ダンスパーティー。
「ダンスパーティーで、Chaperoneをしてくれる先生を募集しています。時間は金曜日の9時半~12時半です」
っていうお知らせがあり、(Chaperoneってなんぞや?でも午前中だったらいいかなぁー)と思い、参加してみることにしました。
同僚の先生に聞いたら、Chaperoneとは、生徒を監視する人のことだそうで、 「ダンスパーティーに行ったら、きっと大きなカルチャーショックを受けると思いますよ」 とのこと。
今回はダンスパーティー中に悪いこと(アルコール、ドラック、過度な接触など)をする生徒がいないかを監視するという任務だったのだけども。
今回のイベントで私は大きな勘違いを二つしていました。

グローバル!

イメージ
2013年
6月 ウズベキスタン
7月 日本
8月 アメリカ
にいました。

アメリカに来て早1ヶ月ちょっと!

渡米前にウズベキスタンに2年間住んでいたせいか、今、外国にいるっていう実感はあまりないのです。敢えて言うならば、大げさかもだけど、「地球に住んでる」って感じがする。

こうやって書くと、私、なんだか地球規模、グローバルな人みたいだなぁ。

でも自分が「グローバル人材なのか?」というと、そんなことは全然ないと思います。
何を持ってグローバル人材というのかも疑問だけれども。

アメリカに来て、様々な場面で、「違い」を痛感するけれど、比べる対象が日本とアメリカではなく、ウズベキスタンとアメリカ、になっているのが自分でもオカシイ。

アメリカの印象は、「すべてが大きい」
人も物も街も。スケールが違います。

高校も始まりました。
やっぱり学生に会えると、「がんばろー!」って気分になります!

日本語を履修している学生は、中国系の子が多いですが、他にもヴェトナム、韓国、日本、ソマリア、エチオピア、ヒスパニックなど様々なバックグラウンドを持つ学生がいます。

私の派遣先の学校は、同僚の先生によると
・3分の1は、良く出来る子
・3分の1は、普通の子
・残り3分の1は、大きな問題を抱えている子
だそうです。

この地区で一番、家がない子の割合が高い学校です。

学校には警察官が常駐しています。私がいる州はマリファナが合法なので、授業中にトイレに行って吸っている子もいるみたいです。

毎日毎日、色んな経験をして、周りの人にいっぱい助けてもらってます。
いつも書いているけれども、ありがたいです。皆さん、ほんとにほんとありがとうございます。

特にホストマザー。
彼女はユダヤ教徒なのですが、非常に合理的に物事を考える人で、英語が拙い私を子ども扱いせず、対等に接してくれてます。

休日はハイキングに連れ出してくれたり。
昨日はユダヤ教の新年をお祝いする行事があって、シナゴーグに連れて行ってくれました。
ちなみに今日もシナゴーグで礼拝があったようなのですが、ちょっと休みたいなぁと思ったので、今日はパスしました。

ちょっとずつ、生活のリズムを作っていきたいなぁ。