投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

帰って来ました

イメージ
お刺身!日本!!

実は極秘で一時帰国していたので、2年ぶりではないのですが。

いやー、でも今、日本にいるのですね。

2年間ウズベキスタンにいたことも、こうやって日本にいることも、なんだかまだ信じられません。フワフワした気分。

帰国する前も(ほんとに帰るんだ)っていう実感もなく。学生や配属先の人に挨拶しても、ほんとに終わりって気がせず。

自分の最終報告のプレゼンを終えても、2年間の活動が終わったって気がしなくて。

送別会でも、自分が帰るって気になれず。いつものように送別会が終わったら、ブハラに戻って仕事・・・のような気がしていました。

送別会後はブハラには戻らず、タシケントで過ごしてから、日本に帰って来ました。

このサボってばっかりのブログも、サボりすぎて書き方を忘れてしまいました。書くことが全くまとまりません。こんなブログにお付き合いくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

2年間で何かを成し遂げたっていう達成感はありません。

2年間で自分が大きく成長したという実感もありません。

でも、2年間で今まで知らなかった世界を知ることが出来た。
たくさんの素敵な人に出会うことが出来た。
そのどれもが宝物。

帰国直前、(ウズさん、そう来ますか・・・!!!)っていうことが次々と降りかかってきて、(ほんとに帰国できるのかな・・・)っていう気持ちが強かったこと、帰国するっていうことを心のどこかで認めたくなかったこともあって、今まだ帰国の実感がないのかもしれません。

2年間は確かに終わったけれども、ウズベキスタンの人たちとの関係が終わったわけじゃない。私の配属先の日本語教育も終わりじゃなくて、むしろこれから!です。

ウズベキスタンでのこと、忘れたくないし、忘れちゃいけないと思う。

いろんなことがあって、ウズベキスタンもウズベク人も嫌いになりかけた(っていうかなった?)こともあったけど、嫌いじゃないです。

ウズベキスタンで出会ったすべての人、日本で支えてくれた家族、友人、ほんとにほんと皆さんに感謝してます。

帰国前にご挨拶出来なかった方もたくさんで申し訳なかったです。また地球のどこかでお目にかかれたら嬉しいです。

このブログを読んでくださっていた方、本当にありがとうございました。

ウズベキスタンの次は2年間、とあるプログラムで渡米します。公立高校で日本語アシスタントをす…