投稿

7月, 2013の投稿を表示しています

現場第一!

珍しく連日の更新!

やることいっぱいだけど、ちょっとやる気復活してきたので書ける時に書きます!

最近、青年海外協力隊の応募について、ちょこちょこ聞かれます。

私の体験談が役に立つかどうか大いに疑問だけど・・・応募前~合格までのこと、試験のことなど書いていこうかなぁ。あぁ、でも記憶がだいぶ薄れております。以前、日本語教師になった経緯はどこかに書いたはず・・・。

さて。話は変わって。

日本に帰ったら絶対に行きたい!と思っていた所に行けました。

地域のボランティア日本語教室。

日本語教師養成講座修了前に、2,3ヶ月だけお世話になったのだけれども、そこでは本当に貴重な経験をさせてもらいました。

そのボランティア日本語教室の学習者は、中国人の主婦が多く、日本に来て間もない人から、何年も日本に住んでいるけれども、日本語の読み書きが出来ずに困ってる人など様々。

みなさん、すごく熱心。

日本語がもうちょっと出来たら、生活が変わるかもしれない。
そんな想いが伝わってきます。

だけどそんな方々に対して、ヒヨコ日本語教師の私に一体何が出来るんだろう。

協力隊に参加出来たら、自分が「外国人」として外国に暮らせる。そうしたらほんの少しは在日外国人の方の気持ちが分かるかもしれない。

そう思ったことも協力隊に応募した理由の一つです。

実際自分が外国人としてウズベキスタンに暮らしてみて思ったことは、やはり語学は出来るに越したことはないということ。

言いたいことが伝えられないというのは、想像以上にストレスのたまることでした。
それにその土地の言葉ができないと、子ども扱いされて一人前に扱ってもらないこともある。

と言っても、日本ではいくら日本語が出来ても「外国人は外国人」として扱われ続ける面があるとも思うけれども。

私は本当にほんの数ヶ月だけそのボランティアに関わらせてもらっただけなのに、今日伺ったら先生方がすごく温かく迎えてくださいました。ありがたいー。ありがとうございます。

帰れる場所があるって本当に幸せなことだなぁ。

次もまた海外での日本語教育の道を選択したけれども、その後は日本で自分に出来ることをしていきたいのです。

まだ渡米してもいないけれどもさー。
初心を忘れないようにって思って、ブログに書きました。今できること、やっていこー。

ブログ書かないの?

イメージ
って色んな方に聞かれました。

・・・おさぼりブログですみません。もうちょっと、ほんのちょっとでもマメになりたいものです。

帰国後、一番聞かれることは
「アメリカ行きの準備進んでる?」
です。

パスポートとビザをもらって安心して、それからは進んでるとは言い難い状況。
準備しなきゃ~という焦りばかりが募る日々。

ちょっと気分変えて、日本に帰って来て驚いたことを書いてみます。

1.道が平ら!でこぼこしてない!!
(その上、白線がずーっと途切れることなく引いてある。なんてこと!)

2.若い子がおしゃれ!若さ全開まぶしい!!
(ウズベキスタンの若い子もおしゃれだったけれども、なんだか違うんですねぇ。なんだか若さをすごく感じるの。あ、これってただ単に私が歳をとっただけってことでしょうか・・・。)

3.店員さんの対応が丁寧!!
(チップ払いますよ-って言いたくなるぐらい丁寧。マニュアル化されてても丁寧さを感じる。開店直後のデパートの光景といったらもう。)

4.何を食べてもおいしい。
(みんなに太ったね-と言われる私ですが、なんでも美味しいので、日本で痩身計画はうまくいきそうにもありません。)

5.電車の中でみんな携帯とにらめっこ。
(これはねー。なんとかならないものか。)

6.思ったよりWifi使えるところがない。
(日本の携帯会社と契約してないので、出先ではネットにつなげず不便。)

7.思ったより外国人が多い。
(自分が2年間「外人」だったからか、外国の方がすごく気になるのです。見かけると、がんばって!って気分になる)

8.交通費高すぎ。
(ものすごい勢いでお金が飛んでいきます~)

9.湿気ってツライ。
(クーラーなしでも暮らせたブハラの40度超が懐かしいです。クーラーないとムリ・・・)

10.テレビで外国のことよく放送してる
(ブームなのかな?「こんなところに日本人が!」という番組をよく見ます。)

ざーっと書いてみました。
そんなこんなで、ほそぼそとブログ続けようかなぁと思っています。あぁ、アメリカ、準備しなきゃ。

もしもこんなこと書いて欲しいなぁなんてご要望があったら、直接でもメールでもなんでもお知らせくださいな。

アメリカのこと、ウズベキスタンのこと、日本語教育のこと、ほんのちょっとでも何かの足しになることを書いていければなぁと思ってます。