投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

Day of Silence

イメージ
今日は奇跡の復活祭。

ということで。・・・・ということでって、わけでもないんだけれども。

奇跡的に2日連続ブログ更新です。

春休み前の金曜日のことでした。

朝一番に、高校の玄関前にて日本語クラスの学生からこれを渡されました。


これ、何だと思いますか?

備忘録復活

1週間の春休みも残すところ2日。

平日は学校と家の往復、週末はたっぷり寝て授業準備して。
気づいたら2014年も3分の1近くが終わろうとしています。
お休みになったらブログを書こう書こうと思いながらも、遠ざかってしまっていました。

もうこのまま自然消滅しちゃおうかなとも考えていたのですが、ちょっとしたきっかけから思い留まり、復活です。

そのきっかけとは、とあるインタビューでした。
ウズベキスタン2年間の活動の振り返りともなるインタビューを受ける機会があり、はたと気づきました。

(思った以上にウズベキスタン生活のことを忘れている!)
って。

と同時に、自分の経験や想いを、思うように言葉に出来ないもどかしさを感じて、人に伝えるためには慣れが必要だなぁと。

ウズベキスタンでのことは「過去のこと」になりつつあるけれども、まだ自分の中で消化しきれていないこともたくさんあります。

現在進行形のアメリカ生活は、自分で認めたくなかったり、直面出来ていない問題もあります。

だけどブログを書くことで、日々の出来事なり自分が今感じていることを整理出来たらと思い、ブログを復活することにしました。

なんて書いて、またふらっといなくなって、数カ月後戻ってきたりしそうですが。

とりあえず、備忘録的に書いていきたいなぁと思います。

ということで。

さて、冒頭に書いたように、今は春休みです。
春休みを利用して、同期と先輩の学校訪問をしてきました。

初めての一人での長時間ドライブ。片道4時間弱!

厚かましくも、研修で一、ニ回話しただけの先輩のお家に泊めてもらったり。
心優しい同期も、素敵なホームステイ先にお邪魔させてくれました。

今回は4つの学校を訪問してきました。
「日本語の授業」と一口にいっても、学校によって、大きく異なります。
違いを実感した旅でした。

一つ一つの学校について書いていけたらいいのだけれども、割愛。

自分の今置かれた環境で何が出来るのか改めて考えさせられる旅になりました。

あー、久しぶりのブログはここまで!
明日はイースターです。